竇と瀆の表示確認

ブログのフォントをMS ゴシックに設定しましたが
どのように表示されるかちょっとテストしてみました

竇の表示はこのようになります。
瀆の表示はこのようになります。

Internet Explorer では
toku.png
このように表示されているようです
(設定でなんとか瀆は表示OKになったような…?)

ちがうブラウザで確認したら大丈夫でしたが
四のあたりの形がブラウザによって異なる表示になっているかもしれないので
文字の形を確認をしてから書き取りしたほうがよいかもしれません

詳しい説明については模擬試験倉庫さんの
漢字の正誤の指針について
にて説明がありますので
参考にしていただけると良いかと思います。

この漢字はなんだったかな?とちょっと思ったので…
竇は弊竇の竇で弊竇=欠陥ですね

瀆は冒瀆の瀆ですね。漢字ペディアで確認したら瀆の異体字で涜とありました
自信がないときはこっちでもよいのかなとは思います
竇と瀆の共通する訓読みは「みぞ」ですね。べんきょうになりました

ぜんぜん関係ありませんが、Qさまは漢字クイズでしたね
竜髭菜(あすぱらがす)は竜爪稗(しこくびえ)とかんちがいして
「爪」を選択してしまいました。ざんねん(笑)
知らない当て字はほんとに当りません

ブログの設定

12月19日 ブログの行間の幅を調整しました。

忘れないうちに記事にメモして覚えておかねば。
(あとからなんだっけ?ってなりそうな気がしてならない)

 http://yume.hacca.jp/koiki/page/gyokan.htm を参考に設定しました。

このようにメモしておけばたぶん大丈夫でしょう。
こちらのサイトはかなりいろいろ使えそうです。

ブログの文字変更

文字のサイズを変更してみました。

ここの文字のサイズがおかしいとか、違う種類の文字がオススメです
などなどありましたらコメントお願いします。

「漢検生涯学習ネットワーク」登録用紙というのを
準1級の時には送りませんでしたが今回はおくってみようかと思います。

yukidossari.jpg

最近の読書

最近は漢検1級受検のため、あまり読書できていませんが、最近読んでいるのは専ら吉川英治作品。といってもぜんぜん読み始めたばかりで、義経がチョロチョロしているあたりです(笑)コメントで話題になっておりました、宮城谷作品は…介子推、太公望、この2つは読みました。たいへん面白かったですが、やはりもう一度、今度は漢字に気をつけながら読めたらいいかなとは思います…が、新平家物語がかなり長いので、まだまだ先の話になりそうです。

 

プロフィール

asatori.

Author:asatori.
漢検1級 合格
その後も少しずつですが
趣味の範囲で勉強中です

asatori漢検勉強記録

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR