大見出し語表 書き問題(カ列~コ列)

大見出し語表を書き問題にしてみました。「読み…ヒント」の形式です。
今回はカ列~コ列までです。ではつづきからどうぞ。

こたえの記事はこちらです→大見出し語表 カ列~コ列


(カ列~コ列)
きっきょ…忙しく働く
せんぱく…道路、あぜ道、交差したところ
るいし…しのびうた
そうおう…田植え
がんれん…漢詩で、律詩の第三句・第四句。対句をなす
ぎょくぜん…高くそびえる、すぐれる
けっさつ…血管をしばって止める
へきすう…へんぴなところ
はつらつ…生き生きとしている
きんじょく…かけ布団としき布団
そうそう…水がさらさら流れる
ようげつ…あやしいわざわい
ぎじょう…儀式に用いる武器
ぜいゆう…こぶといぼ・むだなもの
へいこ…光り輝くさま。また、あきらかなさま
みりん…お料理に使うみりん
かんせい…おとしあな、わな、計略
せんろく…心にきざむこと
きんぜん…よろこぶさま
とうひ…ダイダイの皮を乾燥させたもの
せきとう…石の階段
さくさく…人々が口々に言いはやす
そうい…刀傷
だいせん…題名を書いて表紙にはる細長い紙や布
やっきょう…銃砲に取り付けて弾丸の発射に用いる
ぼうし…刀剣のきっさきの焼き刃
しゅぜん…あごひげ、ほおひげ
たいとう…あたまをもちあげる
こうかい…ずるがしこい
こうえん…とつぜんのこと
こうきゅう…よいつれあい
そくぶん…風のたより
えんけん…高くそびえる、おごりたかぶる
えつうつ…気がふさぐ
へいげい…にらむこと
そうきょく…琴を演奏する楽曲
そうげき…いそがしい
かいちょく…注意して行いをつつしませる
じろう…痔の病気
せきち…やせ地
いんめつ…あとが残らないように消すこと
けいえん…美しい敷物、宴席
こうれい…夫婦
かくひつ…文章を書き終えること
きりん…すぐれた馬、または想像上の動物
ほうたい…ハチとサソリ、小さくて怖いもの
せいふう…なまぐさいにおい
ほうこう…あてもなくさまようこと
ついな…豆まき、おにやらい
きっくつ…体がまがってのびない、文などわかりにくい
きこう…めったに見ることができない
ひょうせつ…他人の文などぬすむこと
きねん…一周年
しこう…つつしんで仕えること
いっさん…ひと笑いすること
えんもん…軍門、役所の門
こんろ…炊事用加熱器具
ようらん…ゆりかご
かんか…不遇、車がつかえる
こんこう…入り混じること
せいひつ…しずかで落ち着いている
きしょう…高い帆柱
がしょう…寝台
そうふ…やもめ
ほぼ…保育する女性職員
しょうきょう…ショウガの根を乾かした薬
とっかん…大声でさけぶこと
ひょうかん…動作が速く気が荒い
びまん…風潮などひろがりはびこる
ぶぜん…不満でむなしい気持ちになる
れいしゅ…人民
きょうだ…臆病
せっき…ゆうひ。ゆうひの光。いりひ。
ひいき…特別に目をかけること
しゅうへき…しわとひだ、山肌のひだなど
めいせき…筋道が通ってはっきりしている
しょうこ…あきんど
ふへい…うきくさ
ふか…たまごがかえること
うそう…わたくし(老年の男性が手紙で自分のことをへりくだっていう語)
うし…むしば
おうのう…なやみ
さっそう…きびきびとしていてさわやか
きんてん…恩恵を等しく受けること
ろうじつ…おおみそか
そうぼう…両眼
よぜん…今にも絶えそう
しょきょう…本を入れる箱
ていい…涙と鼻水
てんこく…石や金属に文字を刻むこと
ここう…ひからびる、おちぶれる、やせる
しんろう…しみもれること
ぼあい…夕暮れのモヤ
たいこ…大商人
きょうきょ…竹カゴ
こじ…たのみとすること
えきさく…賢者の死
こうじつ…なれなれしくする
ほんたん…流れのはやい川
てんけん…神のいかり
どうかつ…おどかすこと
ふてい…ずうずうしく行動すること
こうけい…重要な点
かんにゅう…はまりこむこと
きたん…めずらしい話
こんほう…果てしなく大きいもの
こうぼ…大きなはかりごと
めいび…自然がうつくしいこと
ひこう…むだなもの
けんえん…①あきたりなく思うさま ②満足するさま
けんりん…けちんぼ
かと…おたまじゃくし
きょぜん…にわかに
ぜいせい…あとで後悔すること
こんめい…あだな
かいしょう…高潮、つなみ
かんしゃく…おこりやすい性質
えんおう…無実の罪
きょうかく…①むねと腹との間。②転じて、気持ち。
しんらい…かみさまの声
ちょうぜん…①直立して身動きしない ②突然
しんしん…ひどく痛む、ズキズキ痛む
ぼうしゅく…すばる
とうあん…目先の安楽をむさぼる
じょうろう…高位の女性、高位の僧
はこう…片足を引きずる
げんうん…めまい
かいらん…ふなで
ちゅうさく…はかりごと
きき…なごやかにたのしむ
ひひ…大型のサル
がいてい…たのしみやわらぐ
こうじょ…金額など除くこと
ころく…矢を入れる道具
きたん…恥じて赤面すること
しゃし…ぜいたく
いとく…女性のすぐれた徳
せんめつ…みなごろし
りんしょく…けちんぼ
ざんごう…城の周りのほり
ここう…生計を立てること。口すぎ。
ぎぎ…山が高い
ひぞう…胃の左後ろにある楕円形の臓器
びらん…ただれ崩れる、世の乱れ
きき…いみきらうこと
きんこん…ふんどしをしっかりしめる
さいにん…ねたみ 無慈悲
ろもう…①塩分を含んだ土地と草の茂った野原。転じて、土地が荒れ果てていること。 ②軽率で粗略
かんけん…さむさとあたたかさ
ひちりき…雅楽用の管楽器
しんしん…身分の高い人
とうろう…かまきり
かいたい…わずかなこと、小さなわだかまり
げつべつ…雲泥の差
うきょく…うねうねまがる
へいい…正しい道を守ること
ゆうすい…奥深く静か
ぼうぜん…むくむくと盛り上がるように大きい
らくえき…往来がたえまなく続く
けいこつ…膝と足首との間の二本の骨のうち、内側の太い骨
ぎょし…フカのひれ
まんちゃく…あざむくこと
けんかい…かたくなで妥協しない
もくしょう…きわめて接近する、間近
いへん…書物
りゅうりょう…音がさえわたる
いんせき…流星が大気中で燃え切らず、地球上に落ちてきたもの
のうそ…先祖
あいふん…ほこりっぽい、俗世間のよごれ
ぜいゆう…こぶといぼ・むだなもの(ぜいゆう2パターンあり)
べんりゅう…べん冠の前後に垂らす、珠玉を連ねた糸状の飾り
ほうふん…花の香り、名声
ようちょう…討ちこらしめること
けんしゅ…人民
せんせん…上の命令など聞かずに思うようにすること
とり…腹のうち、心の中
しょうこう…広くゆきわたること
めんご…面会すること
にんどう…すいかずら
ごうまん…いばること
めいれい…アオムシのこと、養子のこと
ないこう…うちわもめ
ろくろ…木製の回転する台で、陶器を作るのに用いる
しゃくだん…たちきること
せんめい…あきらかにすること
しょうじ…ほんの少しの間
とうてん…勢力がさかん
ちょしょう…紙幣のこと
わく…春の日ののどかなこと
ほうふつ…よく似ている、ぼんやりみえる
しんぎん…苦しんでうめく
もくう…雨に身をさらす
べきべき…雲がたれこめ一面をおおう
あいき…げっぷ
そんそ…酒だると料理、宴会の席
しょうしゃ…すっきりとしていて洗練されている
しゅくてい…ふつかよい
とうかい…つつみかくすこと
ちょうばい…米をうること、セリうりすること
おこ…愚かなこと
きじん…かわりもの
りゅうじょ…ヤナギのわたが飛ぶこと
めいもく…目をつむること
にゅうきょう…乗車券などにはさみをいれること
げいか…高僧
そうきゅう…いらだっていそぐこと
ひっきょう…要するに、結局
しんさん…下着
あんぜん…悲しみで沈んでいる
てんたん…あっさりしている
きび…つなぎとめること
ぎか…太陽、日月
こかつ…水が干上がる、物がつきる
のうしょう…脳にある液、知恵
そうこう…織機の部品。縦糸を上下させて横糸の杼(ひ)を通すための器具。
せきぞく…いしのやじり
やし…南の島でよく見かけるヤシの木
でんぶ…おしり
しゅうし…キリギリス、イナゴ、子孫繁栄
そくめつ…消えてなくなること、やめること
せいちゅう…自由な活動をさまたげること
けんれい…あでやかでうつくしい
ぎょしゃ…馬をあやつる者
かんか…不遇、車がつかえる(かんか2パターンあり)
じょくしょ…むし暑いこと
しかん…命を捨てて主君をいさめること
けんぺき…肩こり
まひ…体の機能が低下し、本来の働きができなくなる
びんてん…空、秋の空
ふうえい…詩歌を読んだり吟じたりする
かくじゅん…つつしんでしたがい行うこと
おうおう…不平不満で元気がない
けいてき…教え導くこと
くんゆう…香る草と悪臭のある草、善人と悪人。
きょうらん…荒れる大波
しょうき…中国で、魔を除くという神。日本ではその像を端午の節句に飾る。
ようらく…宝石を連ねて仏像の頭・首・胸などを飾るもの。
しんきゅう…ハリとキュウ しんきゅう治療のしんきゅう
ここ…乳飲み子の泣く声
うんげん…同系統の色を濃いものからしだいに淡いものへ並べていく彩色法。また、そのような紋様の織物。
とうか…ふなうた
ちゅうせん…くじびき
きょきん…必要な金を出し合うこと
じょくれい…わずらわしい礼儀作法
かんかく…ひつぎ
しんちゅう…銅と亜鉛の合金
かくさつ…なぐりころす
たいとう…くずれおちる、おとろえる
あいろ…せまい道、支障、妨げ
そくし…あし、あしあと
こうしょう…かまれたきず
へいげい…にらむこと (へいげい2パターンあり)
せんぼう…はるかに仰ぎ見ること
じょうはく…二の腕
ばんきん…近ごろ
はいたい…刀など身におびること
しゅうしゅう…ふねとかじ、ふねで運搬すること
きょうじゅつ…あわれんで恵むこと
こうけつ…墓あな
こうしん…友人のあつまり
せんきん…非常に重いこと
ゆうこう…奥深い竹やぶ
あうん…「あうんの呼吸」
いつぼう…シギとハマグリ
どきゅう…いしゆみ
こくしゅく…こくもつと豆類
はいど…陶器をつくる土
じんすい…全力をつくして労苦すること
きゅうりゅう…大空、ドーム
まんじゅう…今日のおやつは「まんじゅう」です
ていし…なみだとはなみず
てんぜん…あつかましいさま。恥じる表情のないさま。
げいご…うわごと
ぼいん…親指のハンコ
せいはん…よじのぼること



あとから書き問題に挑戦してみますが、これを全て書き取りしたらものすごい時間がかかりそうです。
とりあえずなんとなくの意味を調べたい、という時にはパッと使えるかもしれません。
次回はサ列~ソ列を作成したいと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

asatori.

Author:asatori.
漢検1級 合格
その後も少しずつですが
趣味の範囲で勉強中です

asatori漢検勉強記録

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR