大見出し語表 書き問題(ア列~オ列)

大見出し語表を書き問題にしてみました。「読み…ヒント」の形式です。今回はア列~オ列までです。

大見出し語表(←リンクしております)
表についての説明&ダウンロードは模擬試験倉庫にてお願いいたします。

解答として記事をアップしていただきました。
ア列~オ列こたえ→大見出し語表 ア列~オ列

大見出し語書き問題 

(ア1イ1ウ1エ1オ1ア2…の順)

(ア列~オ列)

たんでき…酒におぼれる

おうおう…おじいさん、おばあさん

こうしょ…こそく、かりそめ

そうよく…体を洗う

しゅび…ほっす

さいしょ…本を日にさらす

ぐふう…強風

れいこう…あかざのすいもの

ちみ…すだま、ばけもの

ちょうたく…推敲、宝石をみがく

いきち…しきいち、げんかいち

だきゅう…けまり

そくしゅう…入門の時に持っていく謝礼

きかく…前後応じて敵に当る

かいこく…教えいさめる

けいどく…ひとりもの

はいじく…戦いにまける

じゅうたん…しきもののじゅうたん

かいだ…なまける、おこたる

りょうまつ…軍隊の兵と馬の食物

いく…おそれる

きゅういん…みみず

がとう…ねどこ、ベッド

ちゅうびゅう…まきつく、むすびしばる

はいせつ…栄養をとったあとの不要のもの

ちゃとう…チャガマに同じ

さくじょう…銃の内部を掃除する棒

ぎょうこう…おもいがけない幸運

じょくそう…とこずれ

しゅうきょく…地層がなみなみ

しょうゆう…やくしゃ、わざおぎ

しゅろ…やし科の植物

ほぜい…ぜいきんをのがれる

じゅんさい…スイレン科の植物

そうがい…せき、しわぶき

びょうし…軽視する

ほうさい…お礼参り

そらい…行き来すること

かんぎょ…ふせぎまもること

しい…くろいふく

しんかん…ふるえうごく

せんべつ…はなむけ

へいとう…害のある点

けいら…巡回

かじょう…とおいところ

はいぜん…雨がさかんにふること

だったん…モンゴルの民族

はいしつ…治らない病気

しょうりょう…みそさざい

しゅんせつ…水底のどろをさらうこと

さいかい…岩や石が険しい

いあく…まわりを囲う幕

やゆ…からかうこと

ふくそう…集まってくること

ひょうかく…芸者買いする男

かきん…きず、あやまち

あつれき…仲がこじれる

るいれき…リンパがはれる病気

ききょ…すすりなく

けいがん…ぎらぎら光る目

わんげつ…弓張り月

あんしょう…諳んじていうこと

してん…店、商店

こうく…にぎやかな大通り

かんかく…拒んで受け入れない

けいこ…女性の和装礼服

けいてい…大きなへだたり

そうめい…あおうなばら

てんてん…寝返りをうつ

えんり…まがき

ろれつ…ならべること

かんねい…心がねじけてわるがしこい

せんじょ…月の異称

けつご…後略語

しょうか…「しょう(楽器)」にあわせてうたうこと

あろ…黒と白

いしゃ…頼ること、よりかかること

きんしょう…籠絡、自由にあつかう

りょうか…かがりび

ごぼう…きんぴらごぼうとかのごぼう

えんたい…久しくとどまること

そうれき…かいばおけ、うまごや

かっそ…ねずみ

きょうがい…おどろきおそれる

はんしょう…同じ種類をまとめていう名称

ししょう…あざわらう

しにょう…大便小便

ちこう…地中のあなぐら

ほうけい…仏像のあたまのもとどり

ごうり…ほんのわずかなこと

かひ…かさぶた

こうこつ…うっとりする。ぼんやりする。

ごうそ…集団でうったえること

ていし…ちらりと横目で見る

がび…美人

させい…しわがれごえ

じらい…近ごろ、その後

こうてん…大空、夏の空

らんがく…山と谷

ちゅうしょ…漢字の書体の一

こうしょう…おおわらい

それい…粗末な食べ物

ひご…根拠の無いうわさ、デマ

しゃごう…シャコガイ科の二枚貝

かくしゅ…解雇

ぎぎゃく…おどけること

かしょく…農業

せいてい…やんま(とんぼ)

ていよう…おひつじ

えいいき…はかば

ちょうしん…おさないこと

かんじょう…ぐるりと囲む

きょくれい…つとめはげむこと

きはい…ひざまずいておがむこと

しょうじ…山が高くそびえたつ

ひびゅう…まちがいのこと

てっぽう…鉄砲の砲の字を違う漢字で書きます。

とうつう…ずきずきうずくようにいたむ

ようかい…横から口を出すこと

こちょう…チョウチョの別称

ひょうぼう…主張をあらわすこと

こしょう…料理とかに使うコショウ

べんぶん…中国の文章の一体。「べんれいぶん」ともいう。

もうせん…繊維を織物のようにしたもの

おういつ…みちあふれる

がいあん…よくおさまっていること

ほうほう…物事が盛ん

とうか…ふなうた

しぎん…はぐき

らいかい…石のかたまり、不平不満

けつじょう…くさび形

べんぶ…手をうってよろこび舞う

てっとう…こまかいことにこだわらない

じくじ…恥ずかしく思うこと

しょうき…やきつくすこと

せんじん…谷がふかい

せきとく…てがみ

えんぴ…長く伸ばした腕

しゅり…外国語の意味がわからない

かんじょ…少女幼女

しょうこう…塩化水銀(Ⅱ)

こうかん…てこ

てんぼう…遠くからうかがうこと

ていけつ…互助

てんと…都をさだめること

たいしょく…色がさめる

こうかん…互いにうちとけて楽しむ

すいほう…のろし

ぎが…山が高くそびえる

ほうど…中国古代の楽器

えんてき…のきからあまだれ

ふらち…不届き、人の道に外れる

ばくしん…まっしぐら

じゅんじゅん…ていねいに説く

ぜんぜん…うつりかわる、しなやかでやわらかい

じょうべき…累乗に同じ(goo辞書)

けいがく…深い谷

かんそう…手を洗い口をすすぐ

さいろう…無慈悲な人

かさ…くびかせとくさり

ひこつ…脛コツ(ケイコツ)の外側にある細いホネ

しそう…そそのかす

しんしん…馬がはやい、時間がはやい

ひつぐう…はいぐう、仲間になる

がいてい…乳児、ちのみご

へんぽん…ひるがえる

こしつ…長わずらい

あんみつ…みつまめにあんをかけたやつ

がくがく…直言するさま

えんどう…えんどうまめ

ぎょうり…人情のうすいこと

へんがく…横に長い額

ぼうしょく…一つののぞみを達すると、それ以上のことをのぞむこと

しゃしょく…五穀の神、国家

せんき…下腹や腰の筋肉がひきつる病気

しった…しかること

かんか…金属をとかす容器、入り混じること

ぼうだい…きわめて大きい

わいさ…こまかなつまらないこと

きき…おそれおののく、むなさわぎ

そくだつ…あわれむ

じんう…尿を集めて膀胱に送る器官

ほうふつ…よく似ていること、ぼんやりとみえる

ちゅうりょ…なかま

ふさく…おのとのみ、文など技巧をこらす

ひひん…1.天子のそばに付き添う女性 2.身分の高い女官

おうと…口からはいてもどす

あつぜつ…排斥すること

ききゅう…こいねがう

ひそ…原子番号33、元素記号As

えきか…わきのしたのくぼみ

きょうおん…あしおと

こうそう…玉や鐘が鳴り響く

とうちょ…度重なると信じてしまう

こんきん…こまって行き詰る

はんぺい…守るための囲い、まがき

けんか…ケンカ、さわぐこと

しゃくやく…しなやかで美しい

ちゅうせき…昨日、昔

りんかん…建物が壮大で美しい

そうりん…米ぐら

さくれつ…爆弾がはじける

こけん…体面

がもう…ガチョウのけ、白くてかるいもの

るじゅつ…こまごまと述べること

ぶくりょう…サルノコシカケの菌の菌核

きく…山道がくねっていてけわしい

くんじょう…いぶしてむす

せいげつ…雨上がりの月

せんしょう…先人の事業の跡

ふくいく…かんばしいにおい

とうい…布につやを出すために砧でうつこと

ばんきょ…しっかりとしていてうごかない

さくさん…ヤママユガ科のガ

はつもう…道理にくらい人を導いて分かるようにする

ていかい…いったりもどったりする

かんてい…敵に勝って乱を平定する

たんめん…酒色におぼれる

きょうふ…かごかき

てんめつ…ほろぼす

ぶつがん…厨子

よくじょう…作物が豊かにみのる

ぶりき…ブリキのおもちゃのブリキ

びょうしゅん…春の末。暮れの春。陰暦三月ころ。

はくぎょく…みがいていないタマ

ししゅ…わずかなこと

げきしょう…兄弟げんか、うちわもめ

しんぶん…未来記

おうめい…鳥が鳴きかわす、仲間をもとめる

ちゅうみつ…一ヶ所に多く集まる

こんずい…ついていくこと

しょうじょ…上級に任用されること

ごうふく…強情

りょうらん…入り乱れる、咲き乱れる

はいたい…みごもる、何かのきざし

さいし…かんざし

こんにゃく…サトイモから製造される食品

びゃくじゅつ…おけらを乾燥させたもの

きょうがく…おどろきあわてる

かいきょく…えんじゅといばら

しゃくしゃく…ひかりかがやく

かんせい…自由をうばう

じょうぞく…まぶし(蚕がまゆをつくるやつ)をあげること

そんたく…おしはかる

こんせい…まごころがこもっている

なんご…ことばにならない語

おうしょう…⇔安佚

こそう…太鼓をならして士気をあげる

ようだい…月の異称

いぼう…子孫のためによい計画をのこす

ねはん…さとりのきょうち

てっかい…てつのつえ

はいだつ…束縛・習慣など抜け出す。それらを除き去ること。

りかん…⇔恢復

しょうけつ…悪いものがはびこる

じょうそん…7代目のマゴ

かつま…戒を受けたり懺悔したりする作法

きゅうてつ…蟻塚、ちいさなやま

ききん…食糧不足

とがい…物事を害すること

かしゅ…結婚すること

えんじ…えんじ色のえんじ

けんれい…あやまち

けんこ…ひいきにすること

すいさん…メシをたく

ふゆう…人生のはかないこと

けんそう…やかましいこと

ふこ…=呪詛

ふうてん…定職をもたずブラブラ

しょくざい…つみほろぼし、金を出して罪を逃れる

さじん…衣服をひだりまえに着ること

かでん…間違って伝えること

あんが…天子が死去すること

せんこう…才能など調べ適当な者を選ぶ(選考以外で)

かとう…僧の頭を袈裟でつつみ目だけ出した装い、かしらづつみ



次回はカ列~コ列までの問題を作成したいと思います。

スポンサーサイト

コメント

すごい量ですね…

大見出し語表に関する記事を書いていただいてありがとうございます。

この量を打ち込まれたんですね…腱鞘炎になっていませんか?^^;

私も表の語を勉強しないといけないと思っていたので、活用させていただきたいと思います。

ちなみに、弊ブログでは縦のまとまりを(数学の行列やエクセルの呼び方に従って)「ア"列"」「イ"列"」…としていますので、出来れば「列」としていただけると助かります。

まだざっと見ただけですが…
「しょうこう…塩化水銀」とありますが、塩化水銀には2種類あり、「昇汞」は「塩化水銀(Ⅱ)」です。
「塩化水銀(I)」は「甘汞(かんこう)」という名称なので、「(Ⅱ)」を付けた方が良いと思います。
毒性が違うらしいので、混同させると"ある意味"危険です(笑)

気になるものがあれば、また報告させていただきます。
ありがとうございました。

約275語のようです

さきほどの地震はけっこう揺れましたが、こちらは(わたしは東北の方ですが)特に何もなく大丈夫でした。関東あたりはけっこう揺れが強かったようなので心配です。余震が来るかもしれないので、身の回りの安全を確かめてから就寝したほうが良いかもしれませんね。

大見出し語表使わせていただきました。自分用で意味から書き問題にして、まとめようと思ったのですが、せっかくですので弊ブログに書かせていただきました。意味(ヒント)をなるべく簡単にしようと思って書いたので、間違えてしまっているところもあるかもしれません。気になるところがあったらコメントしていただけるとありがたいです。ご指摘の箇所(列と塩化水銀(Ⅱ))を修正しておきます。ありがとうございました。つづきもがんばってタイピングしちゃいまーす(笑)(タイピングしているうちにどんどん大見出し語が頭に入ってきている…かもしれません)

投げ出したら続きは私がやる?

>だんだん投げ出しそうになってきております(笑)
終わったら印刷して和綴じで「作成 spaceplusKK氏&asatori氏」って資料集ができると楽しみにしています。投げ出したら続きを自分でやらなくちゃならないです。

すでに資料を糊張りで作って答えが浮かばないものは意味が書いてあるので「2~3字やったら嫌になって終わり」というのが精々関の山かもしれません。

この調子じゃブツブツ言いながら最後までやりそうだな~ 

あと2回分?(タ列~ノ列)

ナ列からはやや少ないような気がするので、そこまでたどり着けば気が楽ですね(笑)なんとか最後までしっかり作成する予定ですので、時々チェックしていただければ幸いです。
あと、もしかしたら書けなくてもいいのがあるかもしれませんので、そこら辺は調整しながら問題をご利用いただければ良いのかなと思います。量が多いのでたしかになかなか取り組むのが大変ですね^^;
非公開コメント

プロフィール

asatori.

Author:asatori.
漢検1級 趣味の範囲で勉強中です。

1級四字熟語練習は
こちらクリックでどうぞ。

asatori漢検勉強記録

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR