模試21 復習

猫ねえさんの模試21に挑戦しました。
復習記事になるので続きからチェックおねがいします。
nekomoshi21-1.jpg
1-13 関尹 (カンイン) 令尹(レイイン)が思い浮かび、間違えて「カンレイ」×
1-18 估客 コキャクじゃなくてコカクでした。
1-23 缶…ほとぎ? じゃなくて 「かま」でした。
1-28 燻柿 いぶしがき? じゃなくて「ふすべがき」でした。
渋柿の皮をむき、かまどの上などにつるして甘くなるまで煙でいぶしたもの。
……またしばらくしたらいぶしがきって読んじゃいそうです。ふすべ、ふすべ、ふすべがき。

2-8 差料(さしりょう)(「差し料」とも書くみたいです。)
自分が腰に差すための刀。差し前。
2-11 「ネジける」 うっかり「捩ける」× ネジける=拗ける

3-2 荷物などを宿場から宿場へ送る
「駅てい」だろうな~と思いましたが、どうしても「てい」がでてこない。
苦し紛れに「輜重」…これは軍隊の荷物。旅行者の荷物。
「駅逓」…宿駅から宿駅へ荷物などを輸送すること。うまつぎ。

4-5、4-7
最近あまり復習していないので漢字がパッと出てきませんでした(汗)
その他の四字熟語もウンウン唸っていたら思い出せたのもあって、とてもよい復習になりました。
(後半部分に続く…)
nekomoshi21-2.jpg
7-1 けんどう…喧どう…「どう?」…でてこない(汗)「鬧」でした。なるほど。
漢字ペディアで調べると喧鬧(ケントウ)とありました。熱鬧は「ねっとう/ねつどう」
7-3 ほひ?さばく? 肥…の反対で さばく? 砂漠?? ぜんぜん違いました(笑)
7-4 「忸怩」の対義語「てんぜん」。解答は「靦然」となっていましたが「恬然」と解答。
漢字ペディアで(類)マークがあったのでこちらでも大丈夫でしょう。
7-5 ほひ?さばく? うーん、ぜんぜんわかりませんでした。「佐幕」でした。

8-3 麻殻に目鼻をつけたよう=やせてやせて骨と皮になったような様子
8-7 符節を合するが如し=割り符がピタっと合うように2つのものがピタっと一致すること。
符節を合わせたよう。
8-8 天道は親(シン)無し、常に善人に与(くみ)す
  天道は依怙贔屓が無く、いつも善人の味方である。ということみたいです。

9-2 端粛=
かたち・動作などが整っていて、おごそかであること。

たいへん楽しく勉強させていただきました。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

asatori漢検勉強記録

検索フォーム