がらみ

五十搦みの男

…搦み?

「がらみ」でした。
なんかパッと出されると読めないかも^^;

50がらみの男… 「その前後」の意。
袋がらみ売る…「そのものをくるめて、それと一緒に」の意。
保険金がらみの詐欺事件…「それに関係のある」という意味。

ふーむ。いろんな「がらみ」があるようですね。
そういえばあまり意識したことはありませんでした。

わすれないように記事にメモしておきます。

おっと、書き忘れました(汗)
がらみ=絡み=搦み でしたね。

スポンサーサイト

コメント

搦手門が浮かびました。

搦のつく熟語というと “搦手門” が真っ先に浮かびました。大手門と逆で裏口の門です。
「大手 ⇔ 搦手」 と対義語で出題されるかもしれません。ネットで城の縄張りを見るのが楽しいです。江戸城ほど大規模だと覚えられないので小規模な城が良いです。

勉強になります

コメントありがとうございます。
お城の用語(?)もけっこう漢字の勉強になったりしますよね。(あまりお城は詳しくありませんが^^;) 
縄張りを検索してみたら、なんだかいろんな形式の縄張りがあるんですね~。

ついでに、漢字ペディアで「搦め手」を調べました。
①城の裏門。また、そこを攻める軍勢。 対大手(おおて)
②物事の裏側。相手の弱点。「搦め手から説得する」
③人を捕らえる人。捕り手。
なるほど~。いろいろと意味があるみたいですね。

たいへん勉強になりました。ありがとうございました。
非公開コメント

プロフィール

asatori漢検勉強記録

検索フォーム