模試その5結果

その5挑戦しました。
結果は以下のようになりました。
…なんだか、音読み覚えていたのも忘れちゃって全然ダメでした(笑)

ペン…一応正解だったところ
ペン…分からなかったところ、間違えたところです
(書き間違えがあるかもしれませんが、ご了承ください)

syumoshi29-1-5-1.jpg
syumoshi29-1-5-2.jpg

書き取りは「シ」で苦しみました(笑)

語選択…4竹の生け垣…うーん…
これだ!「牆篁」!と閃いたら、次の問題の答えがなくなっておりました(苦笑)
それでけっきょく、…5互いにうちとけること、やわらいでむつまじい状態になること…
これは「睦昵」と解答…うーむ、これは検索しても出てきません。

四字熟語…陽関三畳…
むむ、残念。これは暗記していたのが渭城朝雨~の漢詩の中身の方でした(汗)
陽関三畳っていうんですねー、勉強になります。

当て字…「さんだらぼっち」は模擬試験倉庫さん提供の当て字ドリルで勉強したような気がします。

音訓よみ…おうたん、なやむ。じゅじゃく、いとけない。ぎょきん、ふさぐ。と間違えたようでした。

対類…選択肢はバッチリすべて当てはめることはできました…併し乍ら漢字が出てこない(汗)

故事…全体的にチンプンカンプン。4の「秤」は奇跡。
模試その4音読みで秤(しょう)が出てきたのと、
問題文の「高くなったり低くなったり」…これで、なんとか予測できました(喜)

文章…縊る、括る 思いっきり間違えました。
これは注意して書かないと、またうっかりしてしまいそうです。

やはり正解できたところは、6割~7割のようでした。
全5回、たいへん楽しく勉強させていただきました。
しっかりと復習して勉強しておきたいと思います。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

ありがとう、参考になりました

・書き「シ」でくるシんだようですね(笑)成語的な表現なので、書きというよりも文章題の中で出そうな問題ではあります。漢字や熟語というよりも読書や文章の中でおぼえておくしかないでしょうか・・・。
・全体的に面白いのは、1級配当の漢字や熟語はほぼできているのに、それ以下のもので落しているのは惜しいですね・・・本番(受検)から遠ざかると、得てしてなりやすいものかも知れません・・・私も心しておかねば。
・故事ことわざの「秤」とか文章の「評騭」とか、難問をすんなり回答しているのにはびっくりしました(驚)
とっても参考になります。ありがとうございました。

全5回ありがとうございました。

コメントありがとうございます。

はずかしながら、今回の模試全5回、手書きしたのをブログに掲載させていただきました。なんだか蚯蚓みたいな字で、はずかしい限りですが、本試験ではさらに緊張して手が震えてしまって、もっとたくさんの蚯蚓を書いてしまったかもしれません(笑)すこし字がヘタクソの方が、ちょいミスも許容されちゃう…とか甘い考えも無きにしも非ずでしたが、それよりも本試験で字を叮嚀に書く時間的余裕がなかったかなぁとも思います^^;

模試その5の内容になりますが、秤…こちらはかなり奇跡的に正解でした(汗)
文章題の「評騭」は模擬試験倉庫さんの模試その12(http://spacepluskk.blog.fc2.com/blog-entry-72.html)こちらでみなさんがコメントしていたのを思い出してピンときました(笑)みなさまのコメントでも大変勉強させていただいております。

29-1は受検いたしませんが、対策模試でたいへん楽しく勉強させていただきました。今後も引き続き、模擬試験や以前の記事などで勉強させていただこうと思いますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメント

プロフィール

asatori.

Author:asatori.
漢検1級 趣味の範囲で勉強中です。

1級四字熟語練習は
こちらクリックでどうぞ。

asatori漢検勉強記録

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR