ミニ文章題2

新平家物語 吉川英治 
ミニ文章書き取り問題

傍線ア~エのカタカナの部分の書き問題をお願いします。




ア.ショウショウ たる雨のやみを、頼朝は イ. ミノカサ にからだを包み
北条父子の馬のあいだに ウ.  して行った。

蛭ヶ小島と守山との道は、田野ばかりで、ひどい エ. ヌカルミ だった。
依然、風雨はつよく、ひとりの里人にも出会わなかった。 


こたえ(ドラッグしてください)→ア(瀟瀟) イ(蓑笠) ウ() エ(泥濘

(こたえは原文からですが、その他の解答もアリかと思います)

そろそろ
桜の莟が膨らんできました

来週あたりには開花するかもしれません

プラプラとただ楽しみながらの学習になっていますが
よろしくおねがいいたします

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

asatori.

Author:asatori.
漢検1級 趣味の範囲で勉強中です。

1級四字熟語練習は
こちらクリックでどうぞ。

asatori漢検勉強記録

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR